NHK ハートネット ピープル のお知らせ一覧

たくさんの仲間に支えられ「1日大笑い」

2015.4.24

2015年04月24日(金) ケアマネージャーとして介護の仕事に携わってきた南出さん。53歳になり、ステージⅣの末期がんと診断されました。「がんになったんやから、とことん付き合おう」。自分ががんと向き合うことが、他    ...続きを読む →

リレー・フォー・ライフに想いをよせて

2015.3.27

2015年03月27日(金) 一外科勤務医として岩手の地で日々、がん患者の方々を診察していた佐藤さん。しかし、狭義の医療行為だけでは患者さんの支えになっていないのでは?と感じていました。そんなある日、テレビでリレー    ...続きを読む →

サバイバーと名乗るチャンスをくれたリレー・フォー・ライフとの出会い

2015.2.27

2015年02月27日(金) 44歳で「肺がんステージⅢb治療困難」と告げられ、闘病を重ねる中で、がんの2文字を観ることすら避けていました。しかしいつしかリレー・フォー・ライフの実行委員に。今ではサバイバーだから参    ...続きを読む →

リレー・フォー・ライフの不思議な力

2015.1.12

2015年1月12日 2010年、内科の診察で腫瘍があることが分かり、いきなり仕事ができなくなった自営業の大平さん。しかし、リレー・フォー・ライフと出会ったことで不思議な力をもらったと言います。 2014年「    ...続きを読む →

生きる希望をくれたリレー・フォー・ライフと仲間

2015.1.7

2015年01月07日(水) 35歳のときにユーイング肉腫と診断され、あるブログからリレー・フォー・ライフの存在を知った横山さん。以来、10年近くにわたって、リレー・フォー・ライフとつきあい続けています。    ...続きを読む →

心を解放してくれたリレー・フォー・ライフ

2014.11.28

2014年11月28日(金) 42歳で「脂肪肉腫」と診断されて以来、22年間がんとつきあってきた高知に住む女性サバイバーさんからの記事。リレー・フォー・ライフと出会って、がんの呪縛から心が解き放たれたと言います。    ...続きを読む →

仲間とともに絆でつながるリレー・フォー・ライフ

2014.10.31

2014年10月31日(金) 10万人に一人か二人しか罹らないがんとも言われるGIST(消化管間質腫瘍)。 伊東さんは病気についての情報を得たいと調べる中、チーム「GISTERS」と呼ばれる仲間とつながりました。    ...続きを読む →

素晴らしい隠者に導かれリレー・フォー・ライフに辿り着く

2014.9.25

2014年09月25日(木) リレー・フォー・ライフ・ジャパンみやぎ・今年の実行委員長の方からの原稿です。自分はがんサバイバーではないので参加し始めた当初、「果たしてサバイバーの本当の気持ちに共感できるのだろうか」    ...続きを読む →

「存在の社会化」 ‐今、ここに‐

2014.8.28

2014年08月28日(木) 今回はとちぎのメンバーからのメッセージです。2014年の「リレー・フォー・ライフ・ジャパンとちぎ」の開催ももう間もなく(9月13~14日 宇都宮城址公園)。今年もまた、明日への希望をつ    ...続きを読む →

たくさんの仲間とともに

2014.8.20

2014年08月20日(水) 今回は鹿児島からの発信です。乳がんになったことがきっかけとなり、「リレー・フォー・ライフ・ジャパンかごしま」に参加されました。「がん」だからと疎外感を感じることもなく、居場所を見つけら    ...続きを読む →

2 / 41234
topに戻る