はじめて
の方へ

プロジェクト
未来

リレーイベント開催

ともに歩き、語り合うイベントを通じて
がん経験者やご家族に希望を灯します

1985年、アメリカ・ワシントン州シアトル郊外で一人の医師がアメリカ対がん協会のために寄付を集めようと24時間走り続けたことが、リレーイベントが始まったきっかけです。
彼の名は、ゴルディー・クラットさん。マラソンが得意な腫瘍外科医でした。
24時間走り続けたのは、「がん経験者は、24時間病気と向き合っている」ためで、その想いを共有し支援するためでした。その後、リレーイベントはアメリカ対がん協会の看板イベントとなり、今では全米5,500箇所以上の地域で開かれるまでになっています。

日本では2006年に茨城県つくば市で初めてプレ開催が実現し、翌年に兵庫県芦屋市と東京の2カ所で正式なリレーイベントが開催されました。このイベントには皆さまからのご寄付に支えられて開催されており、現在までに40カ所以上の地域で行われています。
リレーイベントにはがん経験者や家族・関係者が数多く参加し、お互いに励まし合いながら生きる希望を培い、「がんに負けない社会」の実現につなげています。


リレーイベント開催地

参加したサバイバー(がん経験者)の人数




開催地を探す
写真を見る
参加するには
映像を見る

 

寄付の使いみち

リレー・フォー・ライフで寄せられた寄付金は、日本対がん協会を通してがん医療の発展や患者支援、検診の啓発に役立てられます。一部はリレー・フォー・ライフの運営資金に充てられます。

topに戻る