最新情報・ブログ

2017年12月6日 リレーフォーライフのひとコマ続き
2017年12月4日 リレーフォーライフのひとコマ続き
2017年12月2日 リレーフォーライフのひとコマ
2017年11月18日 今年の皆の手形 「希望」
2017年11月17日 参加者の方々の声③

11月4日(土)高知の夜明け

皆様のご支援、ご協力をいただき、リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017高知は無事終了いたしました。

皆様のご支援に、実行委員一同心より感謝申し上げます。

  4月のキックオフから始まり、5月から毎月の実行委員会と2回のチームリーダー会を開催して、イベント内容や運営について検討してきました。
お蔭様で2日間の延べ人数で、2,300人の参加者を得て好天に恵まれ、成功裏に終了することができました。
今回の特徴としては、高知大学附属病院の全面的な協力が得られたこと、附属病院の駐車場を確保できたこと、沢山の学生ボランティアの協力が得られたこと等があげられます。
また、入院中の患者さんが歩かれていたことは、この場所での開催であったからこそであります。
今年は高知開催10周年という事で、第1回目から参加している方には感慨深いものがあったと思います。
沢山の方々のご協力で今回も新しい出会いと、新しい繋がりと多くの感動が生まれました。
これからもがん患者さんの支援のリレーの輪が高知でますます発展していくようにご支援よろしくお願いします。
そして来年リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018高知で皆さま方にお会いできることを祈念してお礼の挨拶といたします。
ありがとうございました。
リレーフォーライフin高知実行委員会
実行委員長 松浦 喜美夫
実行委員一同
(リレーフォーライフ紹介動画)

■「一つの世界 ひとつの希望」
1985年にワシントン州タコマでクラット医師(腫瘍内科医)は毎日ずっと患者の勇気を見ていて自分も何かをしたかった。彼はランナーだった。そこで24時間走ることにした。トラックを走っていると何よりおもしろく、友人に、一周したらいくらか寄付を依頼したところ思いのほか資金を得ることもできた。24時間走り続ける人はそうはいない。そこで友人を招いてチームを形成し、順番に走った。1人100ドルの寄付を得てリレー・フォー・ライフ(RFL)が生まれた。

リレーフォーライフジャパン2017高知開催概要

 ■ 開催日時

2017年11月3日(金・祝)12:00~11月4日(土)11:30 終了予定 (雨天決行)

 ■ 開催場所

高知大学医学部グラウンド(南国市)

 ■ イベントプログラム

イベントプログラムはこちらから

 ■ 会場案内

各テント・各ブースの場所はこちらから

特別協賛

株式会社 三菱東京UFJ銀行 住友生命保険相互会社 ソニー生命
中外製薬 sanofi ECC
武田薬品工業株式会社
   
カウンター カウンター