リレーフォーライフジャパン2017くまもと 講演のお知らせ

リレーフォーライフジャパンくまもと2017で講演をして頂く
ひまわり在宅クリニック院長 後藤 慶次 先生 より
プロフィール・講演内容などについての文章が届きました
まだまだ緩和ケアという言葉を誤解されている方が多くおられます
是非、正しい緩和ケアについてのお話を聞いてみませんか?
多くの皆様のご聴講宜しくお願い致します。

日時 10月13日(土) 14:15頃から
テーマ「 在宅医療の現状と将来 」
ひまわり在宅クリニック院長 後藤 慶次 先生


 



ひまわり在宅クリニック院長 後藤 慶次 先生

「がんと診断されたときからの緩和ケア」という言葉は皆さんご存知だと思いますが、まだ緩和ケアという言葉に対して誤解があるようです。

①がんと聞いてショックを受けて気分が沈む、その時誰かに相談して気持ちが落ち着く。

②つらい治療を受けて痛みや吐き気などの症状に苦しむとき、症状を楽にしてもらえる。

③これから治療をどうしたらいいかと迷っているときに相談ができる。

④積極的治療が難しくなっても代替治療や症状緩和を行いながら、一緒に歩んでくれる医療者がいる

⑤余命が限られた状態になった時にも自らの望む場所で望むように過ごし、愛する人たちとお別れをすることができる。

上記のすべてが緩和ケアです。

当日は、がん治療と並行して体の苦痛を和らげる治療を行う緩和ケア外来や通院が困難になっても自宅で苦痛な症状を緩和して、

ご家族と一緒に過ごすことができる在宅緩和ケアについてお話したいと思います。

 

その他の講話は下記の様になっております

日時 10月14日(日) 09:30頃から
テーマ「  RFLと医師のかかわり  」
佐賀ひらまつ病院 志田 誠一郎 先生


是非こちらもご聴講宜しくお願い致します。

 

 

リレーフォーライフジャパン2017くまもとシンポジュウムのお知らせ

いよいよ今週末となりました
今年のリレーフォーライフジャパン2017くまもとですが
今回、熊本地震を経験して~がん患者支援の課題と今後の対策~(仮)というテーマで
会場内に置きまして下記の通りシンポジュウムを行うことと相成りました
是非たくさんの皆様ご参加をよろしくお願いいたします。

日 時:2017年5月13日(土) 13:00~14:00
場 所:RFLJ2017くまもと会場内特設テントにて(熊本市中央区若葉町 白川公園)

テーマ:「熊本地震を経験して~がん患者支援の課題と今後の対策~」

司会
熊本医療センター腫瘍内科部長     境 先生
パネリスト
阿蘇医療センター薬剤部長       近藤 先生
熊本県薬剤師会常務理事        稲葉 先生
熊大病院がん相談支援センター     安達美樹 看護師
熊本市民病院がん相談支援センター   緒方美穂 看護師
熊本県健康局健康づくり推進課課長補佐 古城和哉 氏
熊本日日新聞社編集局社会部論説委員  小多崇 氏

 

いよいよ5月

皆様こんにちは いよいよ5月に入り夏日を想わせる日々が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?
ぼちぼち当日のお天気が気になって来る頃となって来ましたね!
まだまだ確率的には低いですが当日の天気を調べてみました。
16日は晴れ 17日は雨マークがあるものの日中降水量2㎜と今のところまずまずです。
大会まであとわずか 準備もラストスパートです。
多くの皆様の笑顔にお会いできますように!

そこで昨年の掲示板にも書いていたようですが、今年も日記帳に
”今年もリレーフォーライフくまもとは晴天の中 怪我もなく無事終了!みんなの笑顔にあえて たのしかった~” と記載致しました。
言霊の力は大きい!!

リレー2015.5.1