NHK「がんを生きる リレー・コラム」4月編

今回のハートネットコラムは、東北地方からのお便りです。

ケアギバーの医師としての立場だけでなく、広い立場でサバイバーの方々の支援をされたい想いが、RFLの活動に繋がります。

しかし、ご本人はサバイバーの方をはじめ皆さんから元気を戴いていらっしゃるとの事。

リレーウォークは皆さんが繋がり・希望を授受できる場所である事が改めて実感させられます。

詳しくは以下をクリックして、ご一読下さい。

http://www.nhk.or.jp/heart-blog/people/rfl/post_783.html

topに戻る