リレー・フォー・ライフとは



RFL-0171

「がんは24時間眠らない」
「がん患者は24時間闘っている」


リレー・フォー・ライフは、

がん征圧を目指し、がん患者や家族、支援者らが夜通し交代で歩き、

勇気と希望を分かち合うチャリティーイベントです。



クラット




 
1985年、アメリカ・ワシントン州タコマで

外科医のゴルディー・クラット医師は、

アメリカ対がん協会の活動資金を集めようと、得意なマラソンで寄付を募ることにしました。

 
「がんは24時間眠らない」

「がん患者は24時間闘っている」


というメッセージを掲げて、

がん患者の勇気をたたえ、支援するために走りました。



basic



 
リレー・フォー・ライフのシンボルカラーの紫は「希望の色」と呼ばれ、

太陽・月・星をかたどったロゴは、

24時間がんと闘うことを象徴します。



たった1人の医師から20カ国400万人へ




 
クラット医師は24時間夜通し、大学のトラックを回り続けました。

友人たちは、クラット医師が30分トラックを走るか歩くたびに、25ドルを寄付しました。

最終的に、2万7千ドルの寄付を集めました。

これが、リレー・フォー・ライフの始まりです。

 
多くの人に参加してもらおうと、翌年からはチーム・リレー形式になりました。

24時間歩き続ける中で、参加者の間にはがんと闘う連帯感が生まれました。

単なる資金集めにとどまらず、地域社会全体でがんと闘うきずなを育む活動として、

リレー・フォー・ライフは大きく広がっていきました。

 
現在では、全米で5000カ所以上で開かれ、

がんから命を救うために年間4.5億ドルもの寄付が集められています。

そして、世界では日本を含めて20カ国で行われるようになり、

400万人を超える人たちが参加しています。

 
日本では、2006年に茨城県つくば市で試験的に行われました。

2007年に本格的に始まって以来、年々開催地が増え続け、

2013年は40カ所以上で開催されます。

なお、日本対がん協会と各地のボランティアによる実行委員会が

運営しています。



祝う、しのぶ、立ち向かう


使命と3つのテーマ


リレー・フォー・ライフは、”Save Lives”を使命とします。

がんと闘っている人たちの命を祝福し(Celebrate)、

亡くなった人たちをしのび(Remember)、

がんと闘っている人たちを勇気づけます。

そして、がん征圧のために力を合わせて立ち向かいます(Fight Back)。


about_visual_02_new




人の魂を救う



“Save Lives” とは


RFLが使命とする”Save Lives”は、

直訳すると「命を救う」ですが、

単に医療行為によって救命を行うという意味ではありません。

医療に従事していなくても、

RFLに参加し寄付金を募ることで医療の進歩に貢献し、間接的に人の命を救うことができます。

そして、生きる希望を失った人の支えになることもまた、命を救うことです。

RFLにおける”Save Lives”のもう一つの意味、

それは 「人の魂を救う」こと。


RFLの3つのテーマ “Celebrate、Remember、Fight Back” はそれぞれに大切な意味があるのです。



サバイバーやケアギバーをたたえる



リレー・フォー・ライフでは、

がんと告知を受けた方々を「サバイバー」

がん患者さんを支える家族や友人など、サバイバーとともに人生を歩む人を「ケアギバー」と呼んでいます。

 
サバイバーやケアギバーをたたえることが、

リレー・フォー・ライフの国際ルールの一つです。





楽しむ、啓発、募金




リレー・フォー・ライフってなにするの?


がん患者さんや支援者、友人、知人、地域の方々らさまざまな人たちが、

仲間でチームを組んで、夜通し交代で歩きます。

会場では、ステージやテント企画など催し物がもりだくさん。

夜には、亡くなった方やがんで闘っている方を想うセレモニーが開かれます。

使命である”Save Lives”の実現のために、3つの基本方針があります。


①楽しむ・・・患者・家族をはじめ参加者全員が楽しみ勇気づけられること

②啓発・・・生活改善を呼びかけ、がんに対する正しい知識を普及し、社会全体でがん征圧活動に取り組むこと

③募金・・・がん征圧のための資金を集めること


about_visual_04


リレー・ウォーク ステージ
pic_walk pic_stage
仲間でチームを組み、患者さんたちとともにグラウンドを24時間交代で歩き続けます。夜通しのウォークを通して、がんに立ち向かう勇気や生きる喜びを共有します。 歌や踊り、演奏などのステージや、医療者やがん患者さんのトークなどを行います。歩いている人たちを勇気づけ、休憩中に楽しんだり学んだりできます。
ブース企画 ルミナリエ
pic_booth pic_luminarie
啓発テントでは、がんの早期発見・治療、健康に関する情報などを、楽しく学べます。また、マッサージやバザーなどのチャリティー企画も行い、楽しくがん征圧のための寄付を募ります。 メッセージを託したキャンドルに光を灯し、がんで亡くなった人たちを偲び、 また、がんと闘っている人たちを応援します。追悼とともに、がんに立ち向かう勇気を見出します。



ごあいさつ



がんは日本で2人に1人が罹る国民病といわれている病気です。
家族が2人以上いれば誰かが”がん”になる可能性があるかもしれません。

みなさん、周りを見てください。知り合いの方、家族、ご自身で”がん”に向きあっている方はいませんか?

私も、2007年に祖母を天国に見送り、2012年にまた家族ががんに罹り、現在も支えています。
日本はまだまだ、がんに対して「他人事」「無関心」「偏見」が見受けられます。
がん患者さんは24時間がんと闘っています。

私たちはこのリレー・フォー・ライフという活動を通して、がん患者さん・ご家族・支援者のみなさんと
想いを共有して、地域のみなさんとよりよい社会の実現のために活動しています!


初めてリレー・フォー・ライフに参加をしたとき、雨にも拘わらず、数千人の来場者があり、
ルミナリエ(燃えにくい紙袋にご自身の家族や友人や社会に対しメッセージを書き、
中からろうそくで照らし、上野では約500個、会場に設置される)を見て歩いた時に、みなさんの
想いに涙が溢れてきました。

24時間のイベントも終わりに近づき、患者さんたちが笑顔でトラックを歩き、周りでみんなで声をかけ
ている姿を見ていると、まさしく日本で取り組まないといけない社会へのあるべき姿と感じました。


皆さんはもし、大切な誰かが”がん”になった時にどんな社会であって欲しいですか?
一緒により良い社会のためにがん患者さんの想いを共有しませんか?
大切なご家族や友人がいる方は、
2015年9月26日、27日に東京上野のリレー・フォー・ライフは24時間開催しています!
是非、少しの時間でも体験しに来てください。


みなさんの一人一人の参加が、よりよい社会への第一歩になります!
会場で是非、想いを分かち合いましょう!
たくさんの皆様とお会いできるのを心より楽しみにしています。

藤田雄一
リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野2015
実行委員長 藤田雄一




希望と勇気を生み出すリレー・フォー・ライフ


米国発祥のリレー・フォー・ライフ(RFL)は、日本では2006年に茨城県つくば市で試験的に初めて開催されました。

以来、今日までに開催地、寄付額も順調に増え、2013年度は全国40以上の会場で開催されるまでに成長しました。

このことから、がん患者さんを励まし、がんについて学び、その征圧のための資金を集めるこのチャリティーイベントが、現代の日本で強く求められていることが分かります。


いま、日本人の2人に1人が生涯のうちにがんに罹患し、3に1人ががんにより亡くなると言われています。

つまり、がんという病気はどなたにとっても無縁ではありません。

このような現状の中、わが国でのRFLの定着ぶりは、がん患者さんや家族、がん経験者を支援しようという意識の高まりの表れと考えられます。


RFLは、がん患者さんと家族、がん経験者に対して勇気と希望を与える場です。

このイベントに参加することにより、同じ苦しみを持つ他の患者さんや、がん患者さんを支える多くの人々と知り合い、新しい一歩を踏み出すことにつながります。

また患者さんも自発的にボランティアとして参加しています。

痛みなど様々な問題があるならばなおさら、希望につながる活動は自分自身を鼓舞します。

そういう患者さんの姿を、医療従事者や一般の方々が目にすることで、社会のがんに対する認識を変えていく機会につながるとも信じています。


がん検診の推進とともに、患者さんやがん経験者の支援にも重点目標を置く日本対がん協会は、今後もRFLの充実・発展に力を入れていきます。

がん患者さんをたたえ祝福し、誰にとっても身近な病となったがんを正しく知る機会ともなるこのイベントが、全国各地で根付き、「がんに負けない社会」が実現することを期待しております。

皆様方の一層のご理解とご支援もあわせてお願い申し上げます。


kakizoe_new
公益財団法人 日本対がん協会会長
垣添 忠生









他のリレー・フォー・ライフ


日本のリレー・フォー・ライフ



→ こちらをご覧ください。




世界のリレー・フォー・ライフ


アメリカで始まったリレー・フォー・ライフは、いまや世界20カ国で開かれています。