実行委員会について

 

RFLJとまこまい実行委員会~メンバー紹介~

【実行委員長】 柳谷 昭次郎

リレー・フォー・ライフはがん患者、家族、支援者が地域社会と共にがんと闘うための絆を育み、

その活動を24時間リレーウォークで支援するチャリティーイベントです。

 

日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人が亡くなっています。

がんと向き合い、がんと闘う人々や家族を支える地域社会をつくりましょう。

   

共に歩き、語らうことで生きる勇気と希望を生み出したいという強い思いを込め、 アメリカで始まったこの催しは、現在世界で25カ国、日本では47箇所で開催されました。

   

苫小牧としては初めてとなりますが、厚生労働省はじめ、北海道、苫小牧市、医師会を含む医療機関、

商工会議所、各福祉団体など多くの皆様のご支援をいただきまして開催することになりました。

 

多くの皆様の参加をお待ちしております。

皆さんと一緒にがんに負けない社会をつくりましょう!

実行委員長リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016とまこまい 実行委員長 柳谷 昭次郎
 
【事務局長】事務局長 下村達也
私のリレー・フォー・ライフ・ヒストリーは妻をがんで亡くしたことがきっかけです。
 


リレー・フォー・ライフの可能性と希望に魅せられ、
また参加者の勇気と感動に出会うため、気が付けば8年間、毎年参加し続けています。
 

昨年10月、郷里苫小牧へUターンし、
恩師や友人の支援で念願の地元リレー・フォー・ライフ開催へスタートを切ることができました。
 

苫小牧の地で「がん患者さんそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指す」ことを実現するため、
これから皆様と一緒に歩んで行きたいと思います。
 

小牧の短い夏が一番にあう「アルテン」で、皆様の熱い想いに出会えますこと楽しみにしております。

 事務局長事務局長 下村達也



【実行委員・サバイバー】 門口貴美

今、私はがんと闘っています。
がんにならなければわからない事、治療をしている者にしかわからない事...
そんな苦しさ、つらさ、悩みをみんなで分かち合い、希望を見い出していければと思
い、「リレー・フォー・ライフ・ジャパンとまこまい」実行委員として参加する事に
しました。
門口さん

【実行委員】千代ゆかり

リレーフォーライフを通じてがん制圧活動のイベントを知りました。

がん患者さんとご家族の維持向上、がんを理解し地域社会と支援することが大切ですね。
想いと願いを「かたち」にかえて楽しい時間を過ごしませんか。

千代さん


【実行委員】澤田知之

私しがRFLを知ったのは、「とまこまい」でRFLを立ち上げるというお話しを聞いた昨年11月のことです。

以来、サバイバ-の方やケアギバ-の方、また支援する方々のお話しを聞く機会を得て、
本当に毎日24時間、がんと闘っている方々の想いをわずかではありますが、実感させて頂いております。

少しでもお力になり、また私し自身も元気に活きるエネルギ-を得るために
一所懸命頑張りたいと思います。

澤田先生

【実行委員 広報】椛澤佐祐里

私は全身性エリテマトーデスという病気で約2年、抗がん剤治療を受けました。
その体験から病気は違えど、治療を頑張るがん患者さんに貢献したいと思い、
実行委員会に参加しました。
       「病気の人がいれば、行って自分の事のように寄り添う。」
たくさんの方のお役に立てれば幸いです。sayuri


     

Comments are closed.