私たちについて

1.リレー・フォー・ライフ(RFL)について

「リレー・フォー・ライフ(RFL)」は、がん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指す1年を通じて取り組むチャリティ活動です。

1985年、一人の医師がトラックを24時間走り続け、アメリカ対がん協会への寄付を募りました。
「がん患者は24時間、がんと向き合っている」という想いを共有し支援するためでした。
ともに歩き、語らうことで生きる勇気と希望を生み出したいというこの活動を代表するイベントは、
2015年は世界25カ国、約6000ヵ所で開催され、年間寄付は470億円にのぼります。
2016年、日本では49ヶ所に広がります。

2.リレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐちについて

リレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐち実行委員会は2016年4月に立ち上がりました。
実行委員のメンバーは、それぞれ属性・背景も多様です。
がんの闘病経験があったり、家族をガンでなくしたり「がんのない社会、がんに負けない社会」を目指し、医療活動やCSRの活動している人たちです。
立場や状況は違っても、みんなの思いは一つです。
「がんのない社会」をつくるために、私たちにできることは何なのか?
考えるだけでなく、私たちにできることを実行しよう!
そう決意し、2016年10月1日・2日に秋吉台国際芸術村で山口県初「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016やまぐち美祢」を開催しました。
私たちが目指すのは、「語り合おう つながろう」という共感の場です。
がんと向き合っているすべての人たちと、対話を通してつながりたい。
共感の場をつくりたい。

夜通し歩くリレーイベントも、亡くなった方を偲び語り合うことも、がんと闘っている人へのエールやメッセージをルミナリエで表現するのも、つながる場なのです。

RFLやまぐち実行委員会規約

3.実行委員長 船崎美智子からのメッセージ

私は平成28年2月21日に、夫船崎克巳をがんで亡くしました。
私の両親も、私の友人もがんで亡くなりました。
「つないだ手は信頼の絆」は、病床の夫と二人で考えた作品です。
2015年「リレー・フォー・ライフ広島」に初めて参加し、家族みんなが感動しました。
この感動を山口で共有したい、そのために実行委員会を立ち上げ、リレー・フォー・ライフを開催したい。
強い思いを胸に、船崎克巳の遺志を引き継ぎ、私は動き始めます。
実行委員長として、みんなに助けられながら一歩前に進みたいと思います。

IMG_7798

『つないだ手は信頼の絆』(船崎克巳・美智子)

すれ違い・・・忙しい私たち

克巳:悪かったねぇ、自分のことばかり考えて。

バレーボール、仕事、バイク、興味があることが生活の中心。

ごめんね、あんまり2人のこと 考えていなくて。

美智子:そうそう、私だって同じだよ。

仕事、ボランティア、一緒に過ごす時間がなかったこと、 本当にごめん。

胃がんで胃を全摘出→肺がんで片肺を3分の2摘出→肝臓にガンが転移・・・闘病生活が始まる

克巳:病気になって、気づいたことがあるんだ。

健康、家族、仲間の大切さ。

ジクソーパズルのピースのように、みんな一つにつながっていること。

ぼくたちは高校の同級生、お互い好きで結婚したのに、いつしか夢を語ったり、自分の生き方を伝える努力をしていなかった。

だから、今伝えたい!

あと10年、20年、これからもずっと2人の時間を大切にすること、それがぼくの夢なんだ。

美智子:大事なひとがつらいとき 思いがけない出来事に苦しむとき 寄り添える自分でありたい。

痛くても顔に出さないでしょ、あなた。

私が心配するからだね。

いいんだよ、言葉にしても。

私はどんなことでも、受け止める。

病院にいる2人のときは、明るく笑顔で前向きに、1人になったお風呂の中で、 涙をポトポト流すたび、私のココロは強くなる。

◆ リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016山口 実行委員会設立に向けて…1歩、前へ
克巳: 「RFLJ2015広島、家族で参加できて、本当に良かったね」

自分ができること、みんなのためにできること山口でのRFLJを成功させるために、これからどんどん頑張るんだ。

同じ病気でへこたれそうになっている人には、「希望」を、亡くなった家族を持つ人には、「思い出」を、みんなで語り合える場をつくろう。

紫のTシャツを着て、命のタスキをつなぐんだ。

美智子:がんになって7年目の春が来る。

どんな時も危機を乗り越え、過ごしてきた私たち。

だから今度も大丈夫、私は強く思い・・そして願う。

RFLJに出会えて2人の大きな目標ができたね。

今年の10月、秋吉台の自然の中を手をつないで歩く私たちを想像する。

そして、思わず笑みがこぼれる。

リレーを知り、みんなに伝え、がんのない社会をつくるために、私たちができることに挑戦しよう!

病気になってもできることがあるって、すばらしい。

愛する人がそこにいる、 愛する人に寄り添えるって、心地よい。

ただそれだけで、感謝することができる。

「つないだ手は信頼の絆、この絆が切れないように、これからも2人で、生きていく」


リレー・フォー・ライフ10周年 記念冊子「希望の道標」より

Comments are closed.