スタッフの声(コラム)

2020年の芦屋は、新型コロナウイルスの影響下で大きな変更を行うことになりました。  
 
中止や延期という選択肢も当然にあったのですが、誰がこの場所を求めているのだろう、毎年来ていただく方は、何を思ってこの場所に来てくださっているのだろうと、考えました。  
 
アンケートを実施し、そこでいただいたたくさんの声に、改めて驚き、そして感動し、感謝いたしました。  
 
「この場所で、私は歩きはじめた。 この場所で、私はあなたと再会する」  
 
このコンセプトを掲げ、この数年このコンセプトに沿った内容を作ろうと、限られた中でやってきた、それが間違っていなかったと感じました。  
 
名物企画のがん体験者の語り(かたり亭)を軸にしたオンラインプログラムを考え、特設会場で感染拡大防止を考えた最大限のプログラムを考えました。  
 
今年の実施方法や内容は、今後のプログラムを考えるうえで、大きなヒントになるかもしれません。  
 
同時に、実行委員会の再構築も必要となってくるだろうと思います。  
 
コンセプトをより柔らかく、新しい頭で考えていくことも、新たな方法を考えていくことも必要となってくるのではないかと思います。  
 
中核にある者がいつまでも大きな存在感をもたらすことは、仮にどれだけの視野をもち、さまざまな生み出すとしても、いいことではない。そう思います。  
 
時間とともに、新たな時代に向けて新しくなっていくことはきっと必要なのでしょう。  
 
2020の開催が、これまで数年やってきたことの集大成となることにまずは最大限尽力したいと思います。  
 
 
 
ちなみにリレー・フォー・ライフ・ジャパン芦屋を準備運営するリレーフォーライフ関西実行委員会のFacebookページは、”https://www.facebook.com/rfl.ashiya/”となっております。一人一人のスタッフが、本当に一生懸命、自分のできる範囲で頑張り、発信しておりますので、ぜひこちらもご覧ください。  
 
2017年7月より、過去から使用しているホームページから移設するにあたり、どんな人が見てくださるか、どんな方に見てほしいか、何を知りたいか、何があれば役立つか、考える順番にそってページが連携しているか、などいろいろ考えました。  
 
不行き届きなところは、まだまだ多々あるかと思いますが、ぜひ「見づらいよ」、「わかりにくいよ」、「もっとこうしてくれたら」などの意見をお寄せください。  
 
お問い合せは、こちらからお願いいたします。  
 
ぜひぜひ、みなさまからの声をお寄せください。  
 
そして、9月5日、6日のイベント当日、みなさまにお会いできることを楽しみにしております。  
 
ご参加いただきましたすべての方に、係わってくださったすべての方に心からの感謝を込めまして。  
 
(隊長)

Comments are closed.