2018 ”Global Heroes of Hope”(希望のヒーロー)が決定!

2018年1月4日 11:40 AM

既にご存知の方多いかとは思いますが、改めて紹介させていただきます。  
先日、ジメ(明路英雄)さんが「2018 ”Global Heroes of Hope”(希望のヒーロー)」に選ばれました。  
 
グローバル・リレー・フォー・ライフの「ヒーローズ・オブ・ホープ」は、アメリカ対がん協会(ACS)から認定される名誉あるアワードです。  
 
今回世界中で35名が選ばれ、その中に日本から4名の方が選ばれ、そのお一人がRFL芦屋創設メンバーでもあるジメさんでした。  
 
 
 
今回からはサバイバーとともにがんに向き合っているケアギバーも新たにヒーローとして認定されることになりました。  
 
「ヒーローズ・ オブ・ホープ」とは自らの病と闘い、人々に希望や勇気を与え、前向きにがんに立ち向かうサバイバー、ケアギバーの代表として、RFLに参加する各国から選ばれています。 国内では日本対がん協会がその活動を讃えACSに推薦し、選考された上で決定されます。  
 
RFL芦屋実行委員会からは、山田啓蔵さんに次ぎ二人目です。  
 
実行委員会では、今までの検討経緯をずっとみつめてきた立場からの貴重なご意見番として、  
 
また、本番では、作業の追いついていないところを的確にフォローするとともに、  
 
来場された方のお話を聴いて励ましたり、写真撮影に気軽に応じたり・・・。  
 
芦屋の誇るレジェンドの一人として、たくさんの力を来場者にもたらしている人物です。  
 
 
 
芦屋のスタッフとしても、ますますその存在感が大きくなるジメさん。  
 
これからもますますのご活躍されますことを、仲間としてお祈りいたします。