”これ”をつけて、”逢いたい人”を探してみませんか?

2018年8月9日 9:40 PM

今年の芦屋の会場はとてもカラフルになりそうです。  
 
芦屋の会場には、すでに前を向いて歩き出した方々が集う”自由交流・球形テント”や積極的に情報を得たりご自身の今の気持ちをお話できる”かたり亭テント”などがあります。  
 
私たちは、がん体験者の方々(サバイバー)や、ご家族、ご遺族の方々(ケアギバー)が、それぞれお話したい方にめぐりあう、お話を聞きたい方にめぐり合う、そんな場所が創れたら、と思っています。  
 
そのときの目印が、”リボン”です。  
 
この場所では、サバイバーは自由にカミングアウトできますし、サバイバーの方もケアギバーの方も、さまざまにたくさん語らう時間をもっていただきたいと思い、以下のような区分でリボンを準備しています。  
 
 
 
つける、つけないは、もちろん自由です。でも、ここで素敵な仲間が見つかったら、きっと素敵だと思いませんか?  
 
リボンは受付のほか、かたり亭第1部(青少年センターでプレイベントとして行われるサロン)の会場で、かたり亭第2部(テント)入り口で、それぞれ受け取ることができます。  
 
あなたがきっと出逢いたい人に、芦屋で出逢えますように。  
 
そして、誰かに何かを提供できる方は、ぜひ見つけてもらいやすくなりますように。  
 
サバイバーの方も、ケアギバーの方も、サポーターの方も、それぞれがいい時間を過ごせるように、ぜひ”リボン”を活用してみてください。