当日のプログラム

リレー・フォー・ライフ・ジャパン芦屋の当日プログラムは、1歩歩き出した方(この場所でカミングアウトし、同じ状況にある方同士の交流、新たな情報を求める方、この場所でお友だちと再会したい方)、1歩歩き出そうか迷っている方、まだ0.5歩なかなか歩き出せない方、それぞれが主役となっていただくための構成を中心に考えています。  
 
ぜひ、みなさまのお越しをお待ちしています。  
 

当日のプログラムの概要

 
 
■当日のプログラム ■当日はどうすれば・・・
  まだ、0.5歩なかなか歩き出せない方は、もしよければこっそり芦屋市青少年センターを訪ねてみてください。2日13:30~2F大会議室にて「がん体験者の語り」が開催されます。今のあなたは、昨年のその人と同じ状況なのかもしれません。ぜひスピーカーの声を聴いてみてください。  
 
1歩歩き出そうか迷っている方は、ふらっと芦屋市青少年センターへお越しください。2日14:30~2F(場所はあらためてご案内いたします)にて、みんなでつくるがんサロン「かたり亭」が開催されます。 あなたは、ここで自分の想いを吐露することができます。同じ状況にある方の想いを聴くことができます。ひょっとすると、この場所はあなたが自らとムリなく向き合えるきっかけとなるかもしれません。  
 
1歩踏み出そうという方、1歩歩き出した方は、ぜひ本会場である川西運動場へお越しください。運動場に入ってまっすぐ少しだけ進むと受付がありますので、ぜひ受付をお願いいたします。参加費は募金1千円、サバイバーの方は原則無料で任意の募金とさせていただいています。  
 
また、入るのがためらわれたり、会場のこと、イベントのことをもっと知りたいという方には、運動場入口周辺、受付周辺にコンシェルジュが控えておりますので、ぜひご活用ください。受付もしくはコンシェルジュが、あなたに寄り添いながら、リレー・フォー・ライフ・ジャパン芦屋の楽しみ方をご案内させていただきます。  
 
ご来場いただき、受付をすませたあとは、交流テント(かたり亭)に参加できる(15時45分ごろから)ほか、リレー・ウォーク、ルミナリエの作成、サバイバーフラッグ、ケアギバーフラッグへの手形押し、キャンドルライトセレモニーへの参加をすることができます。  
 
会場内には屋台やリレー・フォー・ライフ・ジャパン芦屋をさらに楽しんでいただけるような企画や販売ブース(募金)がありますので、こちらもぜひ楽しんでください。
 
 

当日のプログラムの詳細

 
 
開始時間 カテゴリー 内容 詳細
2日13:00 受付開始  
(青少年センター)
下の交流企画の詳細をご参照ください。
2日13:30 サブ  
プログラム
がん体験者の語り  
(青少年センター)  
 
まだまだ0.5歩、踏み出すこともためらわれている方、ぜひ、ふらっと足を運んでください。お話いただく方々も、おそらく今のあなたと同じような時間を過ごされた方です。今回のスピーカーは、神戸ポートアイランドにあります小児がんの滞在型治療施設、チャイルド・ケモ・ハウスの楠木先生とその他、男性・女性各1名の方を予定しております。楠木先生は自らも体験者として、その当時のこと、想い、経験を踏まえたお話をしてくださります。詳しくは、下の交流企画の詳細をご参照ください。
2日14:30 サブ  
プログラム
かたり亭 第一部  
(青少年センター)  
 
一歩踏み出そうか悩んでいる方、サバイバー、ケアギバーがそれぞれと向き合うための、みんなでつくるがんサロンです。ぜひ、ふらっと暖簾(のれん)をくぐってみてください。詳しくは、下の交流企画の詳細をご参照ください。  
2日15:45 メイン  
プログラム
かたり亭 第ニ部  
(川西運動場交流テント)  
 
サバイバー同士、ケアギバー同士が、一歩前に進みながら、お互いに話し合ったり、情報交換したり、友達を見つけることのできる場所です。詳しくは、下の交流企画の詳細をご参照ください。今年は、従来のサバイバーさん、ケアギバーさんの交流の場所加えて、こどもたちのテーブルも用意しています。ご家族をがんで失ったお子さんやご家族にがん患者の方がおられるお子さん向けのテーブルです。準備をするのも同世代が中心になって行っています。詳しくは、こちらもご参照ください。
2日16:00 メイン  
プログラム
開会式  
(川西運動場ステージ)
開会式と同時進行で、交流テント(かたり亭)を開催しています。交流テントに参加されている方は、無理に開会式に参加されなくてもかまいません。大切なお友達と交流テントで語らいを優先してください。開会式が終わりましたら、サバイバーズ・ウォーク、ケアギバーズ・ウォークへと進行していきます。もし、サバイバーフラッグをもって先頭を歩きたいという方は、ぜひ開会式のときにステージ前にお越しいただき、サバイバーフラッグをもって先頭に並んでいる人のところに行って、申し出てください。遠慮する必要はまったくありません。
2日16:30 メイン  
プログラム
リレー・ウォークスタート  
(川西運動場ステージ前)  
 
チームで、あるいは個人で、大きな想いをもって、あるいはふらっと数周・・・・・。さまざまな想いで、さまざまなカタチで歩いていただいたらよいのだと、私たちは思います。会場内には、みんなでつなぐタスキが用意されています。このタスキをさまざまな方につないでいただいて、翌朝のゴールを目指して歩きます。詳細につきましてはこちらを参照ください。
2日18:35 メイン  
プログラム
キャンドルライト・セレモニー  
(川西運動場ステージ)  
 
こちらを参照ください。
2日20:30 メイン  
プログラム
キャンドル・ラン  
(川西運動場)  
 
夜を越えて歩き続けるの体力的にもなかなかむずかしいもの。それでも、多くのチームや個人の方が芦屋の会場を夜中中歩いていただきますが、夜の20:30からは、多くのランナーさんが12時間走というカタチでシンボルタスキをつないでくれます。個人参加の方は1kmごとに20円、チーム参加の方は1kmごとに10円(×エントリー人数)の寄付を任意でお願いしています。あなたの想いを引き継いで、ランナーさんたちは走ってくれるのです。ぜひ、大きな声と拍手で応援してください。参加を検討している方はこちらを参照ください。
2日21:00 メイン  
プログラム
星空☆教室  
(川西運動場交流テント)  
 
一歩踏み出した方が、今からさまざまなことを経験するかもしれない方へ、そして子供たちへ、自分の体験や今日の想いを話していい場所です。あなたの少し前を歩こうとしている人かもしれません。あなたの後ろをついていこうとしている人かもしれません。勇気をもって前に歩き出した人の肉声を、ぜひ聴きにきてください。
2日15:00  
~終日
メイン  
プログラム
サバイバーフラッグ、  
ケアギバーフラッグ  
(川西運動場受付横テント)  
 
サバイバーの方、ケアギバーの方は、今年の芦屋の会場に来て歩けたことを、フラッグに手形を押すというカタチで残すことができます。希望される方は、受付がおわりましたら、ぜひ受付横のテントにいらしてください。
2日15:00  
~終日
メイン  
プログラム
ルミナリエバッグ  
(川西運動場受付横テント)  
 
この会場に来て受付された方は、みなルミナリエバッグを作成することができます。残念ながら旅立たれた方へ、あなたを支えてくれる方へ、そして大切な方へ。形式は問いません。ルミナリエバッグに、あなたの想いを書いてください。サバイバーの方、ケアギバーの方は、フラッグに手形を押されたら、ぜひその横のテントにいらしてください。詳しくはこちらからご確認ください。
2日15:00  
~終日
OFFICIAL  
にぎやかし
オフィシャルグッズ物販・JIB(川西運動場にぎやかしテント) こちらを参照ください。
2日15:00  
~終日
OFFICIAL  
にぎやかし
芦屋市商工会・芦屋なるみか  
(川西運動場にぎやかしテント)
こちらを参照ください。(coming soon)
2日15:00  
~終日
OFFICIAL  
にぎやかし
フェイスペイント  
(川西運動場にぎやかしテント)
ぜひ、こちらを参照ください。
2日15:00  
~終日
OFFICIAL  
にぎやかし
さをり織り  
(川西運動場にぎやかしテント)  
 
ぜひ、こちらを参照ください。
2日15:00  
~終日
にぎやかし  
屋台
各種屋台  
(川西運動場バックネット前テント)
食事をとる場合はココで。こちらを参照ください。(coming soon)
3日7:00 Dawn Purple  
 
今年の芦屋の日の出は5時33分ごろの予定です。過去10回の開催で3勝7敗。雨に負け続けている芦屋ですが、それでも意外と日の出の時間は晴天になることが多いのです。朝焼けの紫、希望の日の出をみんなでみてみませんか? ぜひてるてる坊主を作って応援してください。
3日7:00 サブ  
プログラム
ラジオ体操  
(川西運動場ステージ前)  
 
名物となったラジオ体操、夜越えの疲れをとりましょう。今年の素敵な目覚めの○-○ーがあるかもしれません。
3日8:30 メイン  
プログラム
フィナーレ 
(川西運動場ステージ横)  
 
ぜひ、みんなで一緒にフィナーレを迎えましょう。
 
 

メインプログラム(交流企画)の詳細

 
 
メインプログラム(交流企画)の詳細です。こちらも参照ください。  
 
 
 
当日のプログラムは、上記のように用意しておりますが、ご来場いただきましたみなさまには、ぜひさまざまな楽しみ方をしていただければ嬉しく思います。ここでは、名物スタッフ”KUMA”さんによる、リレー・フォー・ライフ・ジャパン芦屋の楽しみ方もご紹介いたします。 題して、RFLJ芦屋2017の歩き方!  
 
RFLJ芦屋2017の歩き方(その1) Tシャツの出来栄えや、いかに?  
RFLJ芦屋2017の歩き方(その2) リレー・フォー・ライフはこうして始まった  
RFLJ芦屋2017の歩き方(その3) ルミナリエバッグに想いを綴る・・・  
RFLJ芦屋2017の歩き方(その4) さをり織で、想いをつなぐ!  
RFLJ芦屋2017の歩き方(その5) 今年のTシャツもいけてます!  
RFLJ芦屋2017の歩き方(その6) フェイスペイントでみんなが元気!  
RFLJ芦屋2017の歩き方(その7) RFLの木が森になって、そして  
RFLJ芦屋2017の歩き方(その8) サバイバーさんにはバンダナをプレゼント  
RFLJ芦屋2017の歩き方(その9) シンボルタスキをつないでみませんか?  
RFLJ芦屋2017の歩き方(その10) キャンドルライト・セレモニーは18時35分ごろから  
RFLJ芦屋2017の歩き方(その11) かたり亭に、こどもたちのテーブルをつくります  
RFLJ芦屋2017の歩き方(その12) 芦屋の歩き方がわかるマストアイテム  
RFLJ芦屋2017の歩き方(その13) 3勝7敗、うち3敗はボロ負けなんです  
 

当日の会場のご案内

 
 
上の”RFLJ2017芦屋の歩き方(その12)”でも紹介しておりますが、会場の楽しみ方とレイアウト、プログラム構成の概略のわかる”リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017芦屋の歩き方”ができました。(クリックすると拡大します)  
 
 
 
この”リレー・フォー・ライフ・ジャパン芦屋の歩き方”は、当日、会場で受付でお渡しするパンフレットにも挟み込まれていますが、会場入り口でコンシェルジュからもらうことができます。  
 
また、当日の会場レイアウト図(シンプル版)も表示しておきます。グランドのテント番号は、上の”リレー・フォー・ライフ・ジャパン芦屋の歩き方”を参照ください。そちらが正しいです。(クリックすると拡大します。)  
芦屋会場は、川西運動場だけでなく、道路を挟んだ向かい側の青少年センターでも、プレイベントや関連チャリティイベントが行われています。この会場図で、青少年センターについても把握することができます。  
 

会場案内図(7/14)現在

Comments are closed.