お知らせ・最新情報

2017年5月9日 リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017くまもと参加チームの皆さんとプログラム
リレーフォーライフジャパン2017くまもと 講演のお知らせ
2017年5月8日 リレーフォーライフジャパン2017くまもとシンポジュウムのお知らせ
2017年4月7日 リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017くまもとイベントのお知らせ②
リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017くまもとイベントのお知らせ①

リレー・フォー・ライフ・ジャパン くまもと Facebook ページ

 

 

 

6月に対がん協会の新しい取り組み”がんサバイバー・クラブ”が立ち上げられます

6月に対がん協会の新しい取り組み”がんサバイバー・クラブ”が立ち上げられます
がんサバイバー・クラブとは
がんサバイバーの「治りたい」「普通の生活がしたい」「支えたい」という気持ちに寄り添い、情報提供や共有を行う場です。
6月の公式ページ立ち上げのの前段階として1か月限定のご案内ページを立ち上げられております。是非一度ご覧ください。
がんサバイバー・クラブ案内ページはここをクリックしてください

 



★がんサバイバー・クラブ設立への想い
日本対がん協会 会長 / 国立がんセンター名誉総長 垣添忠生



★がんサバイバー・クラブPR動画

 

 

 

 『リレー・フォー・ライフ・ジャパン 10周年』
リレー・フォー・ライフ・ジャパンは
2016年に10周年を迎えました。

RFLJ10周年


↑↑ リレー・フォー・ライフ・ジャパン 10周年HPへ バナーをclick ↑↑

日本のRFLJ は、2006 年の茨城県つくばのプレ開催を経て、
2007 年兵庫県芦屋から本格的に始まりました。
サバイバーやその家族が集い
「がんという病に対する社会の意識を変えよう」
と掲げた活動は各地に徐々に広がり、
10 年目の2016 年は、全国約50 カ所での活動となりました。

10 年前は、「がん」という言葉が今以上に重く、表に出す事もはばかられる時代でした。
しかし、RFLJ の開催地には、「がん」であっても、たとえ厳しい状況であっても
「そこに行きたい」「また来るね」
と命を輝かせた仲間がいました。
そこには確かに「希望」があり、患者や家族が主役となれる貴重な場所だったのです。
この10 年間に、多くの仲間と出会い、そして多くの仲間を見送ってきました。
ルミナリエには、いつまでもいつまでも大切なあの人への想いが込められています。
中に灯るキャンドルの炎は、涙のしずくのようであり、希望の象徴でもあります。

過去のRFLJ を思い起こしてみましょう。
一人ひとりの想いが、今のRFLJ に託され繋がっている事を改めて感じます。
今のRFLJは、間違いなく皆さんによって支えられています。
次にこれからの10 年20 年を想像してみましょう。
今の命をしっかりと讃え、どうすれば私たちが子供たちにとって輝く未来を残せるでしょうか
皆様一緒に考えてみませんか。

 

リレー・フォー・ライフ・ジャパン くまもと スローガン

 

特別協賛

株式会社 三菱東京UFJ銀行 住友生命保険相互会社 ソニー生命
中外製薬 sanofi ECC
武田薬品工業株式会社