Heroes of Hope 2011 山本 克枝 さん

RFLまっしぐら

2011_yamamoto-4

山本克枝さん
大分副実行委員長

「私はサバイバーです。」と人前で言えるようになった自分がいます。「乳がん」と宣告され、手術をすれば元通りになると思っていましたが、抗がん剤治療による副作用はそんなに甘い物ではありませんでした。変わり果てた自分の姿、奪われていく体力と気力。健康な時と同じように家事も仕事も出来ず、心が晴れない日が続いていた頃、偶然にRFLに出会いました。

2011_yamamoto-1

まだ治療中でしたが、おそるおそるRFL大分実行委員会に参加しました。そこで初めて観たRFLの映像にとても衝撃をうけました。「私は、サバイバーです。」と皆さん力強く笑顔で語り、周りの方への感謝の気持ちを伝えているのです。何とも言えない感動で涙が止まらなかったのを、今でもはっきり覚えています。
それからの私は、RFLまっしぐら!!お陰様でRFLにかかわって以来様々な方と出会い語り合うことが出来、病気になってからも楽しい人生を送らせて頂いています。

2011_yamamoto-2

最近、子ども達が二人続けて結婚しましたが、「RFLで母親が元気になった。RFLが我が家の絆になっている。」と言ってくれ、私は胸が熱くなりました。
「がん」になった自分を避けていた私ですが、RFLに参加することで「この姿も自分」と受け入れた私を家族が応援してくれることを何より嬉しく思いました。
勿論「がん」にはならないほうが幸せです。でも、なってしまった私は「自分らしく生きなさい」といつもRFLから背中を押され、今自分に出来ること事を試行錯誤している毎日です。

2011_yamamoto-3
RFLに出会い、皆様のお陰でこの様な賞をいただき心から感謝しています。まだまだ「がん」と宣告され戸惑う方が多い社会です。ひとりでも多くの方が「がん」になっても自分らしい人生を送れる世の中に、そして「がん」の治療がもっと進むことを願いながら、これからもRFLに関わっていきたいです。

topに戻る