リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野

リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野

2019年
10月19日(土) 12:00 ~
10月20日(日) 12:00

(啓発テントでの啓発活動はこの申込が必須ですが、各テントで行う啓発活動はこちらではなくチーム申込書の該当欄へご記入ください)

最新情報・ブログ

RFLJ東京上野 ~WE ARE SUPPORTERS~

【GISTERS】

     NPO法人 GISTERS  理事 冨田 孝子

今年もGISTERSはRFLJ東京上野に参加いたします。
GIST(消化管間質腫瘍)は10万人に2、3人が発症すると言われている稀少がんのひとつです。
NPO法人GISTERSは各地で勉強会やセミナーの開催を通じて啓発や、患者力を高める活動をしています。同じ病の人となかなか会うこともなく心細い思いをしている患者さんに決してひとりではないと伝えてあげたい……少しでもGISTを、知っていただく為にサバイバー自らが手作りしたハーバリウムやアロマジェルワックスのルームフレグランスを今年も上野リレホで販売をいたします。
売上金は対がん協会への寄付になります。
今年もたくさんの方に手にしていただきたいと思います。

RFLJ 東京中央 実行委員長挨拶

「一年間で新たにがんと診断される日本人は約100万人。
いまや、日本人の生涯で2人に1人が‟がん“になり、そのうちの3人に1人はがんで亡くなっていると厚生労働省が発表しています。
実際みなさんの周りでも、がんの話しを耳にする機会が増えているのではないでしょうか。


私の父は40年前に肺がんを患い天国に旅立ちました。
当時は治療法も限られていましたがその後、抗がん剤の承認・がん検診の向上・画像診断のレベルアップ・化学放射線治療の確立など医療の目まぐるしい発展に伴い5年生存率もかなり改善されています。
しかし昨今は『治療しながらいままで通り仕事を続けたい』という社会全体の新たな課題も増えてきました。もはや他人ごと、無関心ではいられません。
私たちはリレー・フォー・ライフという活動を通してがんを制圧し、がん患者さんやそのご家族を支援し、がんで苦しむ人や悲しむ人をなくすことを目標にしています。
がんサバイバー(がん経験者)さんと会場で再会し「また会えましたね」「新しい治療法で元気になりました」などのお声を聴くと、この活動を続けてきて本当に良かったと心から思います。もしも皆さんの大切な人が‥もしも自分が”がん”になったら、どんな社会であって欲しいですか?より良い社会を実現させて行くためにリレー・フォー・ライフに関心を持ち、イベントに足を運んでみませんか?


リレー・フォー・ライフは24時間おこなっています!24時間の開催は 「がん経験者は、24時間病気と向き合っている」を共有するためなのですが、少しの時間でもぜひ私たちと一緒に歩きましょう。皆さまの一歩一歩が私たちの希望に繋がります.
2019 年は10月19日(土)12:00~20日(日)12:00迄、東京上野恩賜公園にて開催します。
ひとりでも多くの皆様に会場でお会い出来ますことを心よりお待ちしております。

   リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京中央
実行委員長 松島一浩

2019年のチラシが出来ました

ダウンロードはこちらからどうぞ

facebook