リレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐち
 

リレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐち

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019やまぐち

2019/10/5(土)14:00〜6(日)11:00

周南市陸上競技場


rfl@yhoken.jp
080-8230-4165
FAX:083-923-5567

最新情報・ブログ

アルバム

RFLJ2019やまぐち写真はこちら

協賛

  

  

   (医社)素心会 こうとく内科

後援

厚生労働省・山口県・周南市・下松市・周南市教育委員会・(一社)山口県医師会・(一社)徳山医師会・(一社)山口県病院協会・(一社)山口県診療放射線技師会・(一社)山口県臨床検査技師会・(公社)山口県看護協会・(公財)周南市体育協会・(一社)光医師会・(公財)山口県健康福祉財団・全国健康保険協会山口支部・毎日新聞社・朝日新聞社・読売新聞西部本社・中国新聞社防長本社・山口新聞社・・㈱エフエム山口・㈱シティーケーブル周南・エフエム周南㈱ ※順不同

リレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐちについて

リレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐち実行委員会は2016年4月に立ち上がりました。

実行委員のメンバーは、それぞれ属性・背景も多様です。

がんの闘病経験があったり、家族をガンでなくしたり「がんのない社会、がんに負けない社会」を目指し、医療活動やCSRの活動している人たちです。

立場や状況は違っても、みんなの思いは一つです。

「がんのない社会」をつくるために、私たちにできることは何なのか?

考えるだけでなく、私たちにできることを実行しよう!

そう決意し、2016年10月1日・2日に秋吉台国際芸術村で山口県初「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016やまぐち美祢」を開催しました。

私たちが目指すのは、「語り合おう つながろう」という共感の場です。

がんと向き合っているすべての人たちと、対話を通してつながりたい。

共感の場をつくりたい。

夜通し歩くリレーイベントも、亡くなった方を偲び語り合うことも、がんと闘っている人へのエールやメッセージをルミナリエで表現するのも、つながる場なのです。

RFLJやまぐち実行委員会規約

実行委員長挨拶

私は、今年で乳がんサバイバー歴10年を迎えます。
このような節目の年に、リレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐちを立ち上げ
歴史を創ってくださった船崎美智子さんから、実行委員長という大役を引き継ぐことになりました。
私ひとりの力は本当に小さなものですが、
実行委員会のメンバーと心をひとつにして
笑顔を忘れず希望の光に向かって楽しんでいきたいと思います。
がん患者さんや、ご家族の想いに寄り添いながら
「来てよかった」「来年もまた来たいな」と皆さんに思っていただける
そんなあたたかいリレーを創りあげていけるように顔晴(がんば)ります!

和崎美幸

動画

***RFLJ2016やまぐちの動画***

RFLJやまぐち実行委員会のYouTube

★ RFLJ2016やまぐち オーストラリアとの交信

★ RFLJ2016やまぐち美祢(音量大注意)

SNS