リレー・フォー・ライフ・ジャパンみやぎ            

<大和雀 翔>

『こんにちは!『大和雀 翔』です。
私達は、仙台の伝統芸能である「すずめ踊り」を通して、地域の皆様・演舞を見てく
ださる方へ元気をお届けできるよう活動しております。

すずめ踊りとは、今から約400年前、仙台藩祖 伊達政宗公が青葉城移築の際、宴席で石垣を作った
堺(現在の大阪府堺市)の石工さん達が、扇子片手に即興で踊ったことが始まりとされています。
踊る姿が、すずめが餌をついばむ姿に似ていた事、また 伊達家の家紋が竹に雀で
あったことから、『すずめ踊り』と名付けられ、伝承されてきました。

私たちの祭連(まづら:すずめ踊りのチーム)は、仙台市若林区大和町を拠点とし活動しています。
5月の『青葉まつり』7月の『夏まつり仙台すずめ踊り』9月の『どんとロード八幡雀踊り』の他にも
地域の夏祭りや、企業さんのイベントへ出演しております。

今年も、『リレーフォーライフ』に出演する機会を頂き、感謝しております。
私たちの仲間・家族にも重大な病気を克服した方や、介護士という仕事を通し病気に
なった方と接する人もいます。
厳しい闘病生活を乗り越えた方、現在も副作用に悩む方、支える家族、色々な方へ少しでも、
皆さんに元気を届けられるよう精一杯演舞させていただきます。

会場で、私達と一緒に『すずめ踊り』をお楽しみください!!』