私たちについて

_MG_6106 ごあいさつ

たくさんの方の想いがつながり4年目を迎えることができ、リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018にいがたを開催させていただけることになりました。
皆様の力強い応援、心より感謝申し上げます。

毎年開催することに大きな意義を感じております。
このイベントに参加することを目標に、治療に励んでいる方も大勢おられます。
医療の進歩、新薬の開発、メンタルサポート体制も日進月歩のがんを取り巻く環境。
私も乳がんサバイバーの一人として、とても心強く感じています。

でも、それでも心の中の不安や悲しみ、さみしさは完全に拭うことはできません。きっと多くの経験者の方やご家族が同じ思いをしていらっしゃることと思います。
想いを共有できる場所、それがリレー・フォー・ライフ・ジャパンです。
辛さを解放していい場所、それがリレー・フォー・ライフ・ジャパンです。
おもいっきり笑顔になって前を向ける場所、それがリレー・フォー・ライフ・ジャパンです。

今年も皆様と一緒に会場を歩きながら、大切な時間を過ごしたい!お待ちしております。


リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018にいがた
実行委員長 伊勢みずほ


150615_rfljn_A4-1_ページ_1_画像_0004 キャラクターについて

トップページにもありますが、このライオンが「リレー・フォー・ライフ・ジャパンにいがた」メインキャラクターです。 今回の実行委員でもあるイラストレーターで絵本作家ののエイキミナコさんが、 「リレー・フォー・ライフ」の世界共通ロゴにある、月と星と太陽をテーマに考えてくれました。 ライオンを太陽とイメージし、いつも明るく照らし、優しく見守る月と星をイメージとしての にいがたのメインキャラクターです、とってもかわいくやさしいキャラクターができました♪。




リレー・フォー・ライフについて

がん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、
がん征圧を目指します。1年を通じて取り組むチャリティ活動です。

1985年、一人の医師がトラックを24時間走り続け、アメリカ対がん協会への寄付を募りました。
「がん患者は24時間、がんと向き合っている」という想いを共有し支援するためでした。
ともに歩き、語らうことで生きる勇気と希望を生み出したいというこの活動を代表するイベントは、現在、世界27カ国、約6000ヵ所で開催され、年間寄付は470億円にのぼります。
2016年度、日本では49地区で開かれています。
   
リレー・フォー・ライフ・ジャパン にいがた 実行委員会 事務局
〒950-8535 新潟市中央区万代3-1-1 新潟日報社1階ハートリンクワーキングプロジェクト内
Tel.080-7718-8994
Email:rflj.niigata@kanekopcs.com
 
※ リレー・フォー・ライフは、 がん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指します。年間を通じて取り組むチャリティ活動です。お預かりした寄付金は「リレー・フォー・ライフ・ジャパンにいがた」の開催・運営費を除き、全て日本対がん協会に寄付し、がん征圧・患者支援のために役立てられます。
メルマガ登録ボタン FB-f-Logo__blue_50 Twitter_Social_Icon_Square_Color glyph-logo_May2016 友だち追加