リレー・フォー・ライフ・ジャパン広島

リレー・フォー・ライフ・ジャパン Relay for life Japan

リレー・フォー・ライフ・ジャパン広島

2018年9月16日(日)13:00~17日(月・祝)13:00

尾道市立栗原小学校
(広島県尾道市西則末町11番16号)


〒722-0022
尾道市栗原町5901-1
TEL:0848-24-2413
FAX:0848-24-2423

最新情報・ブログ

ご挨拶

リレーフオーライフ(RFL)への思い
RFLJ広島 実行委員長     浜中和子

私が乳がんを体験して早くも25年近くの年月が過ぎました。その体験によって私の人生は大きく変わりました。皮膚科医として生きて来た人生にがん患者としての人生が加わりました。医者からがん患者の立場になった時、それまで気付かなかった患者の不安や弱さを実感し、この貴重な体験を役立てて、これからはがん患者支援を自分の使命として取り組んでいこうと決意しました。
R F Lとの出会いは、2 0 0 5年がん患者大集会でRFLが紹介された時からです。2006年に日本で初めてのRFLがつくばで開催された時に、たった一人でつくばまで出かけて行きました。そこで大変感動的な体験をしました。「がんでもいいじゃん」というフラッグの中に、がん患者の辛さ、葛藤、決意、希望が表されていると思いました。RFLの会場において、多くの人と出会い、またルミナリエに記された沢山のメッセージに感動と勇気と生きる希望を得ました。
2009年にリレーフォーライフ(RFL)広島実行委員会を立ち上げ、実行委員長を務めています。これまで広島市、尾道市、福山市で、広島県東部、西部と交互に開催して、2018年の今年は10周年を迎えます。
RFLではがん患者と家族、支援者が24時間グランドを歩き命のリレーをつなぎます。夕方、グランドに並べられたルミナリエに灯りがともされると、がんで亡くなった家族や仲間へのメッセージや、がんと闘う決意などが書かれていて、それぞれの深い思いが心に届きます。講演会場では先生方にがん関連の多数の講演をしていただき、参加者にがんについて勉強して理解を深めていただくようにしています。ステージでは歌、踊り、太鼓演奏など多彩な催しをして皆に楽しんでもらい、生きている喜びを実感して貰いたいと思っています。
とても大きなイベントなので、準備等が大変ですが、実行委員や協力して下さった方々と共に、このRFL広島の灯りの輪を更に大きく輝かせて行きたいと願っています。
がんになった患者さんが、これまでと変わらない生活が出来るような社会を実現するために、がんを正しく理解しがん患者への支援を勧めるために、RFLは大変意義のあるイベントだと思います。私の人生における大事なミッションの一つとしてこれからもRFLを推進していきたいと思っています。
がんは今でも厳しい病気で、多くの仲間を奪われました。活動半ばで倒れたその無念さを思うと彼女達の分までこれからも頑張って活動を続けようと決意を新たにしています。今生きているありがたさを実感しながら、今年もリレーフォーライフ広島開催へ向けてまた忙しい日々を送っています。

リレーフォーライフ広島2018

今年も9月16・17日にリレーフォーライフ広島2018(尾道)を開催します。
今年は記念すべき10周年です。
是非今年も皆さんのご参加お待ちしています。

SNS